プレゼンテーションの基本的な構成要素とその方法を理解するとともに、自身の分野以外の方(大学院生、教員、企業の面接担当者など)に対して解り易く研究の魅力を伝えることができるかを考え、実践する。本授業を履修することで汎用性の高いコミュニケーション能力を身につけることを目標とする。

将来、研究、教育、医療および産業界での活躍が期待される島根大学の大学院生を対象とし、研究力とキャリアデザインの関係を理解し、自分自身の社会での役割を考えることのできる場を提供する。

キャリアをデザインすることへの理解を深めるとともに、どのような場面においても対応できるようなスキル・考え方を身につけること目指す